2007年08月23日

柳田布尾山古墳-富山県氷見市

柳田布尾山古墳(やないだぬのおやまこふん)
基本情報
地域名氷見市
住所富山県氷見市柳田字布尾山及び柳田字諏訪野地内詳細地図 / 広域地図
アクセス国道160号線沿いパチンコ屋「NORTH LAND」裏手。[上泉]交差点を山側へ
公式サイト不明
料金無料
営業時間9:00-16:00(古墳館)
評価・感想
おすすめ度 [?]★★★☆☆ 行ってもいいんじゃない?
ファミリーにおすすめ / カップルにおすすめ / シニアにおすすめ
マイナー観光地度 [?]★★★★ マイナーな観光地
混雑度 [?]★★☆☆☆ 人が少ない
柳田布尾山古墳 全長107mに及ぶ日本海側最大の前方後方墳。平成13年に国指定史跡に指定された比較的新しい古墳で、駐車場や遊歩道などが綺麗に整備されている。古墳は小高い丘にあり、元々林であったようで周囲には大きな切り株が多数残されている。古墳自体には数本の木が残されており、公園風の面白い状況に。古墳には階段が設置され上に登ると景色がよく散歩コースとして優秀だ。隣接して3階建ての立派な資料館(古墳館・入館無料)があるが、パネルが数点展示されているだけで情報が少ない。3階は展望台になっており、古墳全景を満遍なく拝める。
全般的に非常にお金がかかっている様子が伺える割りに、周辺での看板の不備のせいか知名度が低い。利用者は少なく、典型的なマイナー観光地と言えよう。
(調査日:2007/8/19)
ジャンル:城跡/古墳
下から 草木が生える 埋葬施設跡
写真1:下から写真2:草木が生える写真3:埋葬施設跡
「古墳館」方面 案内板 駐車場
写真4:「古墳館」方面写真5:案内板写真6:駐車場
posted by あるびの at 21:38| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷見市(ひみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

ひみ獅子舞ミュージアム-富山県氷見市

ひみ獅子舞ミュージアム(ひみししまいみゅーじあむ)
基本情報
地域名氷見市
住所富山県氷見市泉760詳細地図 / 広域地図
アクセス能越道氷見IC降りて左へ2kmくらい、上庄小学校隣り
公式サイトhttp://www.city.himi.toyama.jp/
~35200/shishimai/shishimaitop.htm
料金無料
営業時間9:00-17:00
評価・感想
おすすめ度 [?]★★★☆☆ 行ってもいいんじゃない?
ファミリーにおすすめ / カップルにおすすめ / シニアにおすすめ
マイナー観光地度 [?]★★★★ マイナーな観光地
混雑度 [?]★★★☆☆ 多くもなく少なくもなく
ひみ獅子舞ミュージアム 氷見市から羽咋市へ抜ける国道415号線沿い、小学校の側にある赤い屋根の目立つ施設。最近まで何の施設か分からなかったがどうやら獅子舞の資料館らしい。氷見市や能登半島の南部はこの獅子舞が盛んな地域なのである。
中に入ると写真やパンフレットなどの情報コーナー。奥は薄暗く、展示スペースになっている。いくらかな〜と思ったら入場無料。太っ腹だ。
展示は獅子舞で使う天狗の面や獅子頭を展示。さらに奥に行くと階段状の座敷に凄まじい数の老人が!?老人密度MAX。どうやら近くの民宿から集団で送迎バスに乗って来たらしい。なるほど、この辺りの風習を知るにはもってこいの施設かもしれない。プロジェクターで獅子舞のビデオを大写し。ダイナミックに舞い踊る天狗と獅子舞、喜ぶジイチャンとバァチャン。無料の割になかなか楽しめる施設だ。
また、定期的に獅子舞の実演も行われているらしい(こちらは要予約)。
(調査日:2007/5/27)
ジャンル:博物館・美術館・資料館
展示 ロビー 入り口
写真1:展示写真2:ロビー写真3:入り口
獅子頭 獅子舞の映像を楽しめる np.gif
写真4:獅子頭写真5:獅子舞の映像を楽しめる写真6:
posted by あるびの at 23:24| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 氷見市(ひみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

ブリンス館-富山県氷見市

ブリンス館
基本情報
地域名氷見市
住所富山県氷見市中央町地先
アクセス氷見フィッシャーマンズワーフ(道の駅)の隣り
公式サイト不明
料金無料
営業時間8:30-18:00
評価・感想
おすすめ度 [?]★★★☆☆ 行ってもいいんじゃない?
ファミリーにおすすめ / カップルにおすすめ / シニアにおすすめ
マイナー観光地度 [?]★★★★ マイナーな観光地
混雑度 [?]☆☆☆☆ 貸切状態
ブリンス館 正式名称「能越自動車道PR館」。氷見フィッシャーマンズワーフ(道の駅)と道を挟んで隣りにある施設。木を主体としたやさしい感じの施設。だが一体ナニがあるのか全く分からない・・・入り口にある看板に「立山連峰ビューパネルはこちらです」とある。ナニナニ?と思って建物の横に行くと、おお、海に浮かぶ立山の写真がデーンと。とりあえず写真を撮ってみた。寄りで撮るとそれっぽいが引きで撮ると・・・。実物の海に浮かぶ立山は凄まじく綺麗。冬場のよく晴れた日が狙い目。
さて、建物内部は狭く高速道路の計画の入ったジオラマや氷見市の情報が少しあるだけ。机やテレビがあったり、ゆったりできるが情報量はかなり少ない。誰もいないし何をすればいいのやら???「ビューパネル」だけはやや使える気もするが。(調査日:2007/5/27)
外観 記念撮影はこちらで ブリ
写真1:外観写真2:記念撮影はこちらで写真3:ブリ
ブリブリ ブリとテレビ 模型
写真4:ブリブリ写真5:ブリとテレビ写真6:模型
posted by あるびの at 00:26| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷見市(ひみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

阿尾城跡-富山県氷見市

阿尾城跡

基本情報
地域名氷見市
住所富山県氷見市阿尾
アクセス氷見市街の北
公式サイト不明
料金無料
営業時間なし
評価・感想
おすすめ度 [?]★★☆☆☆ イマイチ
ファミリーにおすすめ / カップルにおすすめ / シニアにおすすめ
マイナー観光地度 [?]★★★★ マイナーな観光地
混雑度 [?]☆☆☆☆ 貸切状態
阿尾城跡 天然の要害と言える、半島に作られた城の跡。入り口は神社の鳥居。木が生い茂るゆるい坂道はなかなか風情がある。道が分かれているがとりあえず本丸跡を目指す。
細い山道風の道を抜けていくと何か発見。本丸跡?と思ったら「白修社」なるものの跡。その後さらに道は険しくなり、ジャングルの様相を呈す。アップダウンを繰り返し息を切らしながらようやく本丸跡まで到着。う〜ん、見事に何もない・・・見事な「跡」っぷり。せめて石垣くらい欲しかった。展望台があったので登ってみたがさほど景色が良いわけでなく感動もない。
引き返して「二の丸跡」の道を進むと東屋があり、気持ち良い風の中ノンビリとできた。もう少し何かないと・・・ねぇ。(調査日:2007/5/27)
ジャンル:城跡/古墳
入り口 案内板 本丸への道
写真1:入り口写真2:案内板写真3:本丸への道
本丸跡・・・? 木が邪魔でよく見えない 二の丸跡
写真4:本丸跡・・・?写真5:木が邪魔でよく見えない写真6:二の丸跡
posted by あるびの at 00:30| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷見市(ひみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

お休み処 くまなし-富山県氷見市

お休み処 くまなし

基本情報
地域名氷見市
住所富山県氷見市能無
アクセス国道415号線の峠
公式サイト不明
料金
営業時間9:00-17:00
評価・感想
おすすめ度 [?]★★☆☆☆ イマイチ
ファミリーにおすすめ / カップルにおすすめ / シニアにおすすめ
マイナー観光地度 [?]★★★★ マイナーな観光地
混雑度 [?]★★★☆☆ 多くもなく少なくもなく
お休み処 くまなし 氷見市と羽咋市を繋ぐ国道415号線の峠(能無峠)にある道の駅っぽい所。周りは山ばかりで何も無いところ。だったら景色が良いのでは?と思いきや展望がイマイチ、悲しい。地元の名物的な農産物や加工品を少量置いているが、ややB級感が漂う。奥の喫茶スペース的な所(たんぽぽと言う名)は知り合いと思しきオバチャンのたまり場と化しているようで踏み込むのに勇気が要る。観光情報はほとんどないし、道の駅的なものを想像するとガッカリする。(調査日:2007/5/27)
ジャンル:道の駅っぽいもの
外観 喫茶スペース 地物の販売
写真1:外観写真2:喫茶スペース写真3:地物の販売
景色がイマイチ 県境 よく目立つ看板
写真4:景色がイマイチ写真5:県境写真6:よく目立つ看板
posted by あるびの at 08:03| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 氷見市(ひみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。