2007年05月08日

能登九十九湾遊覧船(水中観光船)-石川県能登町

能登九十九湾遊覧船(水中観光船)

基本情報
地域名能登町
住所能登町市ノ瀬1-11-8
アクセス県道35号線沿い。看板から
公式サイト不明
料金大人1500円 小人800円
営業時間8:00-17:00
評価・感想
オススメ度★★★☆☆ 行ってもいいんじゃない?
ファミリーにオススメ / カップルにオススメ / シニアにオススメ
B級スポット度★★★★ マイナーな観光地
混雑度★★★☆☆ 多くもなく少なくもなく
能登九十九湾遊覧船(水中観光船) 海沿いの簡素なプレハブ小屋のような乗船施設。施設内は見るべきものが見事に何もなく、B級感、レトロ感が漂う。
水中観察遊覧船は「ピュアリ」と「ティアラ」の2隻あり、交互に出航。受付のオッチャンは遊覧船のキャプテンを兼任しているよう。
遊覧船は2階建で2階(水上部)は通常の観光船、1階(水中部)は海底観察ができるようにガラス張りになっている。40分ほどの運行で湾内のクルーズが30分、海底が10分程度。
湾内は非常に穏やかだが波に洗われたリアス式海岸、自然が豊かでコレが思いのほか楽しめる。
オッチャンキャプテンが「じゃ〜下に降りて〜ここには魚おらんから海底見て〜魚はあとで見せるから」とアナウンス。下に降りると青い海底!前日の天候が悪くやや濁っていたが海底は光が届き明るく、海藻のホンダワラが繁茂している様子がよくわかる(※写真3)。小魚がたまにいる程度で確かにここにはあまり魚はいないらしい。
その後再び上階へ戻り通常遊覧。魚スポットへ到着すると再び水中観察開始。多少の餌付けをしているようで、魚がわんさか!チヌやアジ、フグなどが山のようにいる(※写真5)。地味な魚が多いのでトロピカル感はあまりない。観察窓のガラスはや(調査日:2007/5/3)
ジャンル:見る
乗り場外観 停泊中の水中観光船 デジカメでは上手く映らない海藻
写真1:乗り場外観写真2:停泊中の水中観光船写真3:デジカメでは上手く映らない海藻
大きな漁船も停泊 魚もデジカメに映らない 蓬莱島
写真4:大きな漁船も停泊写真5:魚もデジカメに映らない写真6:蓬莱島
posted by あるびの at 21:28| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 能登町(のと) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。