2007年03月24日

別所岳-石川県穴水市

別所岳

基本情報
地域名穴水市
住所旧中島町と穴水市の境界あたり
アクセス国道249号線沿いにある看板から。
公式サイト不明
料金無料
営業時間なし。ただし、冬季は雪でいけないかも。
評価・感想
オススメ度★★★☆☆ 行ってもいいんじゃない?
ファミリーにオススメ / カップルにオススメ / シニアにオススメ
B級スポット度★★★☆☆ 普通の観光地
混雑度★★☆☆☆ 人が少ない
別所岳 国道249号線沿いに「←別所岳」と看板があったので軽い気持ちでGO!基本的に林道、一応舗装されているが車通りが少ないためか道路中央には草が生えている。そこまでひどい登り坂でもないところを延々と登っていく。途中で能登有料道路をまたぎ(別所岳SAも見える)、15分ほどで走ったもののソレらしき看板は一切見当たらない・・・不安になるもそのまま進む。途中自然散策林らしきもの(登り口の看板の「ミニ森林公園」と思われる」)ががあり、そのまま5分ほど進むとようやく頂上への看板があった。ただ、最後の上り坂が異様にキツい。斜度35度くらいあり(マジで)、ボンコツ車では一回止まったら絶対登れないと思いアクセルベタ踏みで登りきる。もの凄く焦げ臭いにおいがした。。。
別所岳頂上は木の伐採・草刈などよく整備されており、非常に景色が良い。こんなに景色が良い所があったとは驚きだ。桜の木もあり、花見にも良いかもしれない。こんな辺鄙なところだが、なぜかオバチャン2人組みの先客に居たのには驚いた。(調査日:2007/3/18)
ジャンル:風光明媚
頂上からの展望 展望2 登り口の看板
写真1:頂上からの展望写真2:展望2写真3:登り口の看板
ミニ森林公園 地獄坂
写真4:ミニ森林公園写真5:地獄坂写真6:
posted by あるびの at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 七尾市(ななお) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

明治の館・室木家-石川県七尾市

明治の館・室木家

基本情報
地域名七尾市
住所七尾市中島町外ナ部13番地
アクセス国道249号線沿い。看板は沢山あるが実物は見逃しやすい外観なので注意。
公式サイト不明
料金一般300円/小・中・高生100円
営業時間9:00〜16:30
評価・感想
オススメ度★★★☆☆ 行ってもいいんじゃない?
B級スポット度★★★☆☆ 普通の観光地
混雑度☆☆☆☆ 貸切状態
明治の館・室木家 国道沿いに多数の看板がある(※写真6)にも関わらず、どこにあるのか長い間分からなかった迷所。原因はまわりの風景にあまりにナチュラルに溶け込んでいたためか?この一体はこんな雰囲気の家が多い。
一部茅葺で、明治時代に廻船業でえらく儲けた人が建てられたものらしい。
ところで、全く人気が無い。。。受付カウンターも無人。恐る恐る中に入るとセンサーが反応してピンポ〜ン、奥から係りの女性が出てきた。
内部はほとんど手を加えられていない感じで、明治時代の資料が展示してある。それにしても・・・寒い。。。昔の家ってこんなに寒くてどうやって住んでいたのか、疑問である。他に客が居なかったので係りの女性が付きっ切りで案内してくれ、最後は囲炉裏端でお茶まで頂いた。旧家系としては標準的なレヴェル。(調査日:2007/3/18)
ジャンル:博物館・美術館・資料館
明治の館の門 建物正面 明治時代の資料展示
写真1:明治の館の門写真2:建物正面写真3:明治時代の資料展示
明治時代の資料展示2 庭に出て見ることができる 明治の館の看板。沢山ある。
写真4:明治時代の資料展示2写真5:庭に出て見ることができる写真6:明治の館の看板。沢山ある。
posted by あるびの at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 七尾市(ななお) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

ぼら待ち市場-穴水市根木

ぼら待ち市場

地域名穴水市
住所穴水市根木
アクセス国道249号線沿い、「根木ポケットパーク」内。
公式サイト
料金
営業時間不明
オススメ度★★★★ 行って損なし
B級スポット度★★★★★ 文句無しのB級スポット!
混雑度★★☆☆☆ 人が少ない
ぼら待ち市場 国道沿いの立地の良いところにある道の駅的施設(※写真1)。少し離れた海の中に肝心のボラ待ち櫓がある(※写真2)。入ってみると奥能登の塩や乾物のような定番お土産品も多少売っているのだが、何か異様に生活感に満ちている。表にある看板に「掘り出し物」(※写真3)とあったのが気になったが、ホントあるわあるわ。自動車のハンドルやコーヒーメーカー、115万円の孔雀を模した置物。ちょっと休憩に、と立ち寄った人にはあまり縁のなさそうな商品群である。さらに外に出ると3mくらいの巨大な灯篭や石像が所狭しと並んで、店先にはなぜか中古タイヤ(※写真4)まで・・・しかもよく見ると「4本ヒット」。店内地元のおばちゃんらしき人物が100円コーヒー(※写真5)を飲みながらタムロしていた。普通にお土産を買おうと思うと少し厳しい施設である。(調査日:2007/3/18)
入り口 ボラ待ち櫓 「掘り出し物」看板
写真1:入り口写真2:ボラ待ち櫓写真3:「掘り出し物」看板
掘り出し物のタイヤ コーヒー100円看板
写真4:掘り出し物のタイヤ写真5:コーヒー100円看板写真6:
posted by あるびの at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 穴水町(あなみず) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。